読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代主婦ここあの漫画ネタバレブログ

年間300冊以上漫画を読む主婦のブログ

セカンドマザー ひかるの場合 結末【虐待を受けた子が癒される時?里親の仁美の決意に感動】

セカンドマザー~ひかるの場合~

f:id:kkskchang:20161229054512j:plain

作者:渡辺やよい

漫画:あしだかおる

1巻完結

 

 

こんにちは!ここあです。

『セカンド・マザー~ひかるの場合~』

 

虐待を受け続けていた

5歳児  男の子ひかるくん。

 

『虐待を受けることが

あたりまえ』

 

そんな生活をしていたひかるくんは、


普段どんな生活をしていたのでしょうか?

 

考えただけでも、切なくなります。

 


しかし、この漫画は、

そんな虐待の酷さを書いている

ストーリーではありません。

 

 

実親に

虐待をされていた男の子が、

里親に引き取られ癒されていく

過程を描いています。



そして、

里親自身も今まで抱えていた、

心の問題から、一歩踏み出す事が

出来た話です。

 


最後はかなり感動します。
正直、涙が出そうになりました。

 

 


待を受けた子が癒される時?里親の仁美の決意に感動

 


「ママ…頑張って」

 

家族で保育園の運動会に参加。

 

ひかるくんと母親になった仁美は、
二人三脚の競技に2人で出ていました。

 


そして、仁美が転びそうになると…。


そう、ひかるくんから

声をかけてくれたのです。

 

 

最後は、

そんなどこでも見るような

幸せそうな光景。

 

 

しかし、

それが当たり前で無いことが

この虐待を受けていた子供。(ひかるくん)

の生活からわかりました。

 

 

『ガツ…ガツ、ガツ、ガツ』

 

 

仁美と夫そして、
ひかるくんとファミレスに来たとき…。

 

「その時しか食べれない!」


そんな風に感じるのかひかるくんは

手でガツガツと口の中に

食べ物をかき込みます。

 


ごはんを食べる時、

 

『いただきます』

 

この一言だったり、

 

 

『スプーンやハシを持つ。
それを使って食べ物を食べる』

 

 

そんな、

普段当たり前のようにしている事も、

ひかるくんにとっては

当たり前ではなかったのです。

 


『おいで、見てごらん』

 


仁美が夫の圭吾に呼ばれて部屋に行くと…。

 

 

ベッドで寝ている、

ひかるくんの体はこわばり、

緊張したような顔をしていました。

 

 

まだ、5歳なのに、

ゆっくり寝る事も

できなかったようです。



そんなひかるくんを見ていると、

虐待の凄さがわかります。


 


仁美は息子を交通事故で亡くしていました。


そんな、ひかるくんは、

仁美がコーくん(息子)の仏壇で、

毎日お参りをしているのを見ていました。

 

 

そして、

コーくんに嫉妬するひかるくん。

 

 

ある日、

仏壇に飾ってあるコーくんの写真を

足で踏み潰し、グチャグチャに

してしまいます。。

 


読んでいて、

 

『さすがにこれは…』

 

と、感じました。。


しかし、

仁美はそんなひかるくんを受け入れます。

 


 受け入れると言うか、

仁美は夫の一言で、

色んな事を悟るのです。

 


この旦那さんもスゴイ人です!!

 


『ママがいつか

あなたの所にいくまで

しばらく待っていてね

 

 

それは、
コーくんの物すべてを
押し入れにしまいます。

 


『セカンド・マザー~ひかるの場合~』は、

虐待を受けたひかるくんを里親として、

引き取ります。


そして、

ひかるくん、母親になった仁美自身も

抱えていた心の傷から、

一歩踏み出せた漫画になっています。

 

 

その内容は、

結構シビアな所もありますが、

読んでいると、とても感動しました。

 

 


『セカンド・マザー~ひかるの場合~』は、

まんが王国で読めます。

 

 

良かったら読んでくださいね。

 

 

まんが王国はコチラです。
『セカンドマザー』で検索して下さい!