読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代主婦ここあの漫画ネタバレブログ

年間300冊以上漫画を読む主婦のブログ

新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語 1巻 ネタバレ【虐待されてもママが好き!子供はちゃんとわかっている】

新・ちいさいひと
 青葉児童相談所物語

f:id:kkskchang:20170112063058j:plain

原案: 小宮 純一

漫画:夾竹桃 ジン

1巻未完結

 

 

 

こんにちは!ここあです。

児童虐待を描く『ちいさいひと』
反響がありましたね。

 

その続編
『新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語』
が1月に発売されたので、読みました。

 

ストーリー展開は、

”流石”といった感じです。

 

感情移入してしまい、


最期は

涙が止まりませんでした。

 


その理由は、

 

『虐待をされても
子供はママの事が大好き』

 

ということが描かれていたからです。

 

漫画のフレーズの中で、

 

「子どもはちゃんと

わかっている」

 

小さいながらに、
親の事情をなんとなく、
わかっているし、見透かされている。

 

 

そんな、

事をいっています。



子供は親をよくみています。。。

 



ママ自身も虐待をしていても、
子供の事が好きなんですね。。

 

 


ただ、

心に余裕がないだけ。


 と、読んでいるとわかります。



やっていることは、
間違っているかもしれない。

 


しかし、
子供を想う気持ちは同じなんだと、
この漫画を読んで感じました。

 



待されてもママが好き!子供はちゃんとわかっている

 

「子どものあの澄むだ目で
見透かされるぞ」

 


「真剣に一人の”ひと”として
向き合うように」

 

 

副所長の藤井東児が

児童福祉士の相川健太に

言った言葉です。

 

 

今回出てくる『ちいさいひと』は、
3歳児の星野吐夢(とむ)くん。

 

 

そして、母親の環那(かんな)さんです。

 

 

環那は夫と離婚をし、母子家庭。

 

 

 

しかも、

駆け落ち同然で男と出て行ったために、

実家とも音信不通。


実家を頼ることも出来ません。

 

 


離婚した夫からは、

養育費などをもらおうと思っていたのに、

あてが外れ、3ヶ月程でそのお金は

ストップします。

 

 


そんな、

お金に困っていた環菜は、

サラ金にまで手を出してしまうのです。

 

 


「塚地さん腐敗臭です!!」

 

 


環那のアパートを訪ねた健太達。



ドアにはカギがかかっていました。

 

 

その時、

郵便受けからその部屋の様子を

伺おうとしたら、物が腐った

臭いを感じます。

 

 

「大家さん!!

緊急事態です。

ドアを開けてもらって

いいですか?」

 

 

大家さんから、

その部屋のカギを開けてもらうと…。

 

 

部屋には床が見えない程、

ゴミが沢山積んであり、

どの部屋もゴミだらけでした。

 

 

「この部屋

見ておいた方がいい」

 

 

他の部署から児童相談所に移動になった、
山下裕也にその部屋を見せます。

 

 

山下は児童虐待の仕事をしている割には、
少し自覚の足りない。

 

 

しかし、

その時初めて事の重大さを

感じたのでした。。

 

 

「吐夢くんはここに
閉じ込められていたんだ…」

 

 

「よく見ろ、人の排泄物だ」

 

 

そこには、
犬が入るゲージのようなものが
置かれていました。

 

 

 

「どれだけ、
怖かったか…寂しかったか…」

 

 

吐夢くんはそこに閉じ込められて
いたと考えられる光景です。。

 

 


「吐夢くんも

全部わかってるんです…」

 


 

「それでも

ママのこと大好きなんです」

 


 

「それでも…

環那さんのこと

大好きなんです」

 

 

吐夢くんの母親 環那を見つけ出した時、
健太は子供の気持ちを代弁しています。

 

 

健太自身も虐待を受けていた

経験者の一人だからその気持ちが

わかるのです。

 

 

「三日ぶりなの、
ここに…帰ってくるの…」

 

 

自宅へ環那が帰ってきたのは、3日ぶり、
その間吐夢くんは、置き去りに…。

 

 

 

「夜泣きがすごくて

睡眠時間2時間」

 

 

 

「病弱でスグに

風邪をひいちゃって」

 

 

 

「借金してまで

他の子と同じように

ブランドの服を

着せてあげたかった」

 

 

 

「手をあげたのも初めは、

コンロの火で遊ぼうと

したから…」

 

 


お金も時間も好きなように使える、

吐夢くんと離れる事を

『セーセーする』

と話している環那。

 


 

「反対ですよね?」

 


 

そんな、

環那の言葉を吐夢くんのことが、

大好きなエピソードとして

わかってくれる健太。

 


 

「…ぼく…ね…」

 

 


「ママのこと…すき」

 

 

 

3日間何も食べていない吐夢くんは、
ヨロヨロしながらそんなママを好きと
伝えてくれます。

 

 

『新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語』

では、虐待されてもママをすき

と言ってくれる吐夢くん。

 

 

そんな、

子供の気持ちに涙せずには

いられませんでした。

 

 

素直に気持ちを伝えてくれた吐夢くん、

その後ママはどんな行動を起こしたのか、

ご自身で読んでみて下さい!

 

 

内容は酷な話ですが、
とても感動するストーリー展開でした。

 

 

 

『新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語』は、
まんが王国で無料お試し読みができます。

 


まんが王国はコチラです。
「新ちいさいひと」で検索して下さい!