読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代主婦ここあの漫画ネタバレブログ

年間300冊以上漫画を読む主婦のブログ

なめて、かじって、ときどき愛でて 1巻ネタバレ【俺のモンだから…独占欲強い男子に惚れられて】

 

なめて、かじって、ときどき愛でて

f:id:kkskchang:20170316001950j:plain

作者:湯町深
1巻未完結

 


こんにちは!ここあです。

『なめて、かじって、ときどき愛でて』、
タイトルが気になって読んでみました。

 

 

その内容は、

告白する相手を間違えてしまう主人公の晴。

 

 

しかし、

その相手の清士郎はものすごーく独占欲が強く、

だいぶ俺様的な部分があります。

 

 

時々見せる、

 

『優しさ』

 

『色気』

 

『エッチな所』

 

そして、何よりイケメン(笑)

 

 

ちょっとドキドキ

してしまうかもしれません(汗)

 

 

告白を間違えた相手なのに、

清士郎が怖いから、そのやる事に、

抵抗出来ない晴。

 

 

しかし、

まんざらではないように

みえます。

 

のモンだから…独占欲強い男子に惚れられて

 

「おまえマジあほだな」

 

大きな手で晴のアゴを掴んだかと思ったら…。

 

思いっきりキスをし始める清士郎。

 

 

晴のアゴ先まで舌まわします。。

 

 

「おまえは俺のモンだから」

 

 

顔を近づけて清士郎は晴に言うと…。

 

『ずっとあなたが、好きでした』

 

『もし、よかったら付き合って下さい』

 

好きな人の机に

告白を書いた手紙を入れているはずだった。。

 

 

しかし、

 

「…フツーだな。ま、いーか」

 

「付き合ってやる」

 

 

告白する相手を間違いてしまいます。

 

 

そして、
間違えた事を伝えたのに…。

 

 

「残念。

俺はもう付き合うって

決めたんだよ」

 

 

晴の気持ちは無視。

 

 

 

清士郎は強引に付き合うことに決めます。

 

 

「ただいま!!」

 

 

涙をながして落ち込んで自宅へ帰宅すると。

 

「おかえり」

 

 

清士郎が晴の自宅にいました。

 

 

 

清士郎と晴の親は会社同士の繋がりがあり、
海外赴任になった清士郎の親の代わりに、
しばらく一緒に暮らすことになります。

 

 

 

そこからが、晴の悲劇?の始まりになります。

 

 

「おまえが

俺の机に入れたんだ」

 

 

「だからおまえは

俺のカノジョなんだよ」

 

 

顔を近づけ至近距離で話すと、

 

 

『べろん』

 

 

晴のほっぺを舌でなめる。。

 

 

『ドサ』

 

 

階段から落ちそうになる晴。
それを下でキャッチした清士郎。

 

 

「立てるか?」

 

 

いつもの俺様的で無愛想。

 

 

なのに、時々みせる優しい所に、
ドキドキです。

 

 

「薬にげーからキライ

飲みたくねー」

 

 

 

「だから…」

 

 

 

「口移しで飲ませろ」

 

 

 

風邪を引いている清士郎だが、
晴の様子をみて楽しんでいます。

 

 

 

口に水を含んだかと思ったら…。

 

 

 

晴のアゴを手で掴み、

 

 

「”んーっ」

 

 

「ーーーっっっ」

 

 

 

「ごく…」

 

 

無理やり口移し。

そのやり方はかなり強引です(笑)

 

 

そんなやり方に暴れる晴。

 

 

そしたら…

 

 

「ばしゃ」

 

 

 

清士郎の服に水がかかりびしょびしょに。。

 

 

「責任とれよ」

 

 

「キレイに拭けよ」

 

 

そして、上半身のファスナーをおろすと、
濡れた清士郎の裸が見えて晴は赤面してしまう。。

 

 

「つ…つつ…」

 

 

清士郎は人差し指を立てて、
触った先は…。

 

 

 

晴のお腹から胸に向かってゆっくりと。。。

 

 

 

『なめて、かじって、ときどき愛でて』1巻では、
告白する相手を間違えて付き合うことになる?
清士郎と晴。

 

 

両親の都合で清士郎と晴は

一緒に暮らすことになるのですが…。

 

 

それがキッカケで

ますます刺激的なことをし始める清士郎。

 

 

独占欲が強く俺様的な態度をとる彼の行動に、
ほとんど何も出来ない晴です。

 

 

ちょっとエッチなことをされても
抵抗できない姿をみて、

 

「本当に嫌なの!?」

 

と思わせる所もあります。

 

 

何より、清士郎の切れ長な目が
カッコよかった(笑)

 

 

あっという間に読んでしまいました(笑)

話も長いので割と読み応えありましたね。

 

 

 

『なめて、かじって、ときどき愛でて』1巻は、
BookLive!で無料お試し読みをしています。

良かったら読んでください。

 

 

私は、

BookLive!は登録無料・継続課金もないので、

利用しています。

 

 

BookLive!はコチラです。
『なめて、』で検索してください。