読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代主婦ここあの漫画ネタバレブログ

年間300冊以上漫画を読む主婦のブログ

恋愛不感症‐ホントはもっと感じたい‐ ネタバレ 2話 残念な女?身体だけじゃなく恋愛自体に何も感じない!?

 恋愛不感症

‐ホントはもっと感じたい‐

f:id:kkskchang:20170323111023j:plain

作者:アキラ

12話未完結

 

 

 

こんにちは!ここあです。

「恋愛不感症‐ホントはもっと感じたい‐」の第2話です。

 

無愛想でイケメンの浅倉課長の
マンションに泊らせてもらうことになった朱里。

 

 

その後、どーなるのか

気になって読んでしまいました(笑)

 

 

期待通りの展開にドキドキ

しちゃいます。

 

 

それは、朱里のために
何もしてこない浅倉課長にドキドキです。

 

 

もちろん、課長は自制心で抑えています。

 

 

したのは、”大人式で…”といって、
優しく朱里を抱きしめて、
辛い感情を吐き出してあげたことです。

 

 

本当カッコイイですね!

 

 

念な女?身体だけじゃなく恋愛自体に何も感じない!?

 

 

「ナニ?俺がお前に

手を出すとでも?」

 

 

お風呂へ入れという事は、
そういうコトだと勘違いする朱里。

 

 

それに対して浅倉課長はそう言います。

 

「ありがとうございました」

 

 

課長の大きなブラウス1枚を着て

出てきます。

 

 

その姿は本当に色気があります

 

 

「男のブラウスでも

パンパンの胸」

 

 

「ブラウスから見える太もも」

 

 

これは、誘ているだろう!?

 

というような格好ですよね(笑)

 

 

『これはかなり

自制心が必要だな』

 

 

ブラウス1枚の朱里を見て、
そんな風に感じている浅倉課長。

 

 

それは、そーだよね。
と、言った感じです(笑)

 

 

「あたし不感症なんです」

 

 

身体だけじゃなく恋愛にも何も感じない
冷めている自分に落ち込む朱里。

 

 

「子供扱いしないでください」

 

 

子供を慰めるように浅倉課長は
朱里を慰めると…。

 

 

逆に怒ってしまいます。

 

 

「じゃあ大人式で」

 

 

そう言うと、
『ぎゅっ』と抱き寄せてくれます。

 

 

 

『こんな状況で

手を出さなかったの初めてだ』

 

 

朱里は浅倉課長の腕の中で眠りにつきました。

そんな状況でも何もしない課長。

 

 

このシーンは本当、ドキドキしました。

 

 

『恋愛不感症』2話は、
浅倉課長に慰められる朱里が
描かれています。

 

そのシーンにドキドキでした。

 

 ドキドキしたい方は

是非読んでください。

 

 


恋愛不感症第3話へ続く…
⇒恋愛不感症 ネタバレ 3話 朱里を本当は好き?家政婦として雇われて

 

 

 

 

 

 

 

 スポンサーリンク