読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代主婦ここあの漫画ネタバレブログ

年間300冊以上漫画を読む主婦のブログ

骨の髄まで 私に尽くせ 4話 ネタバレ 禁じられたモノほど欲しくなるのは人の性

 骨の髄まで 私に尽くせ

f:id:kkskchang:20170324235846j:plain

作者:長堀かおる

9話未完結

 

 

 

こんにちは!ここあです。

『骨の髄まで 私に尽くせ 4話』
【禁じられたモノほど欲しくなるのは人の性】です。

 

 

このタイトルはまさしく、不倫ですね。

 

 

禁じられたモノ=仲村さやか

が欲しくなる…。

 

 

まさに、
3話の非常階段で2人はキスをしていました。

 

 

始めは軽く、ダンダン濃厚なキスに…。

 

 

そして、それだけじゃやっぱり、

おさまらなくなってしまった一樹です。

 

 

そんな様子がこの4話に描かれています。

 

 

2人はこのままじゃ終わらない気がします。。。

 

 

じられたモノほど欲しくなるのは人の性

 

『昨日はありがとう。』

 

『すごくドキドキしちゃった…』

 

 

藤田一樹が朝起きると、
スマホにさやかからメッセージが届きます。

 

 

非常階段であの時、

 

『ちゅ、ちゅく』

 

 

『はぁ』

 

 

2人は舌を絡め合い、
その吐息は熱い。

 

 

「んん…」

 

 

さやかの身体はゆるみ、
下を向く…。

 

 

 

一樹の手は服をまくり、
さやかの胸を触っていました。。。

 

 

「まってあのね…」

 

 

顔を真っ赤にして涙ぐみながら、

 

 

「今日アレの日なの」

 

 

 

顔を胸に埋めていた一樹は、
その言葉を聞いて理性を取り戻します。

 

 

 

「えっあっ…ごめん!」

 

 

とっさにさやかから離れる一樹。

 

 

 

「また…会えるよね」

 

 

別れ際にそんな言葉をさやかは言います。

その意味は!?

 

 

『骨の髄まで 私に尽せ』4話は、
非常階段で藤田と仲村さやかに何が起きたのか
描いています。

 

 

キスだけじゃ欲が収まらなくなった一樹は
さやかの胸をさわり…。

 

 

しかし、何もできずに終わります。

 

 

「また…会えるよね」

 

 

このさやかの言葉は一樹を誘てる?
『明らかに、その続きを…』とも感じとれた私です。

 

 

 

『骨の髄まで 私に尽くせ』はまんが王国で
150円で読めます。

 

 

無料お試し読みもあるので、
良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。

『骨の髄(ずい)まで』で検索が必要です。