読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代主婦ここあの漫画ネタバレブログ

年間300冊以上漫画を読む主婦のブログ

ダンボールの棺おけ~2007年北海道幼児死体遺棄事件~ネタバレ【子供なんか産むんじゃなかった!そんな母親がすることは?】

ダンボールの棺おけ
~2007年北海道幼児死体遺棄事件~

f:id:kkskchang:20170417225528j:plain

作者:葉月せい
1巻完結

 

 

 

こんにちは!ここあです。


2007年、

北海道幼児死体遺棄事件をモデルに

描かれている『ダンボールの棺おけ』

を読みました。

 

 

この漫画に出てくる

母親の考え方が怖すぎて、

鳥肌が立ちました。

 

 

夜、

5歳と1歳の

男の子達に留守番させて、

夜のお仕事をする。

 

5歳ですらまだ幼児です。

 

まだまだ、

ママに甘えたいだろうし、

夜ママがいないなんて、

どんなに寂しくて、

心細いでしょう。

 

 

更に、食事をとらせて、

母親は帰ってこなくなりました。

 

 

つまり、

置き去りです。

 

 

「死んでもらうしかない」

 

 

子供がいるせいで、

恋愛も出来ないし、自由もない。

 

 

自由な生活を得るために、

選んだ道が子供たちの『死』

です。

 

 

私も子供がいますが、

読んでいてダンダン悲しくなって

しまいました。

 

 

 

けれども、

そういった結果になったのも、

ママ自身も愛情不足

育ったことが原因だったようです。

 

 

 

供なんか産むんじゃなかった!そんな母親がすることは?

 

 

『子供なんて

産むんじゃなかった』

 

 

『自由になりたい!

まだ遊びたいし

恋愛だってしたいよー!』

 

 

21歳川田良枝には

3男の三太が産まれた時、

育児にうんざりしていました。

 

 

良枝には5歳の長男がいて、

次男は事故で亡くなっています。

 

 

そんな、次男の事故死で

夫と仲が悪くなり離婚。

 


そして、生活保護も受けていました。

 

 


良枝の母親はというと、

同じく生活保護を受けていて、

良枝を助けるお金もありません。

 

 


「夜の仕事を始めるって…」

 

 


母親に子供達を頼んで、

夜のお店で働き始める良枝。

 



 

もし市役所に見つかったら、

生活保護は打ち切りになります。

 

 

 

そんな、

リスクを背負いながら

夜の仕事に出たのはいいけど…。

 


 

「子供の面倒くらい

ちゃんと見な!」

 

 


良枝は客のひとりにハマり、

母親に預けて遊び回る。

 

 

 


そんな母親は激怒し、

そのままケンカ別れしてしまいます。

 

 


「お金もないよ…!

どうしよ~!!」

 

 


仕事をしていることがバレて

生活保護も打ち切られる。

 

 

 

 

『子供を

見てくれる人がいない』

 

 

『お金がない』

 

 

 

子供たちの状況も
ダンダン悪くなっていきます。

 

 

 

 

「おなかいたいの?

なでてあげるね?」

 

 

 

最悪な状態に、

泣いている良枝を見て、

5歳の息子がそう言うと…。

 

 

『ドン!』

 

「ウザイ!!」

 

 

そんな息子を突き飛ばす。

 

 

 

子供達を見ていると、

可哀そうで胸が痛いです。

 

 

『男から愛されたいの!』

 

 

『子供なんて愛せない!!

煩わしいだけ!』

 

 

 

恋愛をしたい良枝は、

子供達を残してあり得ない行動にでます。

 

 

ダンボールの棺おけ』は、

愛情に飢えていた母親が起こした悲劇が

描かれています。

 

 

男からの愛が欲しい…。

 

 

その為に、

5歳と1歳の男の子は犠牲になる話です。

 

 


ダンボールの棺おけ』は、
BookLive!で無料お試し読みができます。

 

 

良かったら読んでください。

 

 

BookLive!はコチラです。
ダンボールの棺おけ』で検索してください。