読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代主婦ここあの漫画ネタバレブログ

年間300冊以上漫画を読む主婦のブログ

子ども格差 ネタバレ 結末 友達の母親にたかる小学生!?給食費から洋服そして…

 

ーストーリーな女たちー

子ども格差

f:id:kkskchang:20170423225815j:plain

作者:真田魔里子
1巻完結

 

 

 

こんにちは!ここあです。

トーリーな女たち『子ども格差』です。

 

 

小学生の子供同士でも生活格差がある。
そんな話です。

 

 

 

最後まで読んでみた感想としては、

 

『こんな小学生がいたら怖い』

 

と感じました。

 

 

 

ここで登場する生活が苦しい

貧乏な小学生の女の子が、

裕福なお母さんにたかるからです。

 

 

 

それは、

食事から給食費

 

 

そして、子供の可愛い洋服。

 

 

 

しまいには、

兄妹で自宅は上がり込み毎日の

ようにキレイな家で遊ばせるという…。

 

 

 

『限度があるだろう!』

 

 

どんなにお人よしのママでも、

ここまで小学生の女の子を

自由にさせないはずです。

 

 

 

裕福なお母さんは、

貧乏な女の子に弱みを

握られていました。

 

 

それは、

ひき逃げしてしまったということ。

 

 

そんな裕福な母親も悪い。

 

 

しかし、それにしても

その女の子のたかりように、

恐怖を覚えた私です。

 

 

達の母親にたかる小学生!?給食費から洋服そして…

 

「邪魔だから廊下に出しちゃった」

 

 

学校へ行くと宮村あゆの机は廊下にありました。

 

 

廊下に机?

 

イジメと思うかもしれませんが、
これをやっているのは先生です。

 

 

あゆは幼い兄弟の面倒を見る為に
学校を休みがち。

 

だから、

 

 

「今日も学校へ来ないだろう。」

 

 

そんな、担任の考えで机を廊下に出される。

 

 

先生もあり得ません。酷すぎ…。

 

 

 

更に、先生は、

 

 

「おまえみたいなバカが
いるなんて気分悪いよ」

 

 

「おまえ給食費払ってないんだから
食べる権利ないんだぞ」

 

 

 

この先生の発言にイライラさずには
いられない。。。

 

 

「100点。

 

いつものことながら

 

さすがだな」

 

 

 

あゆと同じクラスの逢沢二千花

 

 

「私学校へは
息抜きで来ているようなもんなの」

 

 

 

塾で勉強している二千花は、
勉強も出来て裕福な家に住んでいました。

 

 

「これあげる」

 

 

あゆにお金を渡す二千花のママ。

 

 

 

その理由は、

車で青年を跳ねた所をあゆに

見られたからです。

 

 

「おばちゃんこんばんは」

 

 

あゆは二千花の自宅を訪れる。

 

 

 

 

そして、また別の日。

 

「おばちゃん。お帰りなさい」

 

 

食事をごちそうになるあゆ。

 

 

 

「毎日来てあげようか」

 

 

「うちのお母さんずっと
給食費払ってくれないんだよね」

 

 

小学生なのに、大人を脅すあゆ。

 

 

子供なのにこんな行動をする小学生が
もし、いるのなら将来大人になったら
どんな大人になるのだろう?

 

 

そんな風に感じた私。

 

 

 

「お母さん」

 

 

 

「何でこんな子たち
いつも遊びにこさせるの?」

 

 

 

あゆの兄妹も二千花の家に連れてきて、

家は散らかりほうだい。

 

 

 

更に、

 

「わーかわいい」

 

「この服もかわいい」

 

 

二千花のクローゼットを勝手にあけるあゆ。

 

 

そして、
その服をもらっていってしまいます。

 

 

 

まだまだ、

あゆのたかりは

エスカレートしていきます。

 

 


『子ども格差』は、小学生女の子の
生活格差を描いています。

 

 

裕福な二千花のママの弱みをにぎったあゆは、
ママにたかり始めます。

 

 

それは、給食費から娘の洋服。

 

そして、自宅の出入り。

 

更には…。

 

 

あゆの生活環境が原因と感じるけど、

それにしても、そのたかり方は怖すぎる

 

 

子供だからってあなどれない…。

 

 

『子ども格差』はまんが王国で

無料お試し読みができます。

 


良かったら読んでください。

 

 

まんが王国はコチラです。
『子ども格差』と検索してください。